デジカメの苦手な色

シャッターを押せばきれいに写るデジカメにも、苦手な色があります。
そのうちの1つが「紫色」です。

ほかにもあると思いますが、特に紫色は他の色、特に青系に転んで
しまうような気がします。毎年、カキツバタや花菖蒲を撮りに行きますが、
現場の色を再現できません。これはどうしようもないようです。
(後でソフトで修正すれば、思ったような色にできますが、
 撮った画像すべて行うのは困難です)

いろんな機能が開発されているデジカメですが、
ほんとの意味でフィルムを超えるためにはこういった部分を
完成していってほしいと希望します。


紫というより青ですね。でもこの青は個人的には好みかも・・・。
画像


これも個人的には好みかも・・・。
画像


若干紫残っていますが、実際にはもっと紫色でした。
画像


花びらの途中が青く変色しています。個人的にはNGですね。
画像


古いカメラですが、意外に忠実に再現しています。
画像


1枚目 E-510 + ZD 25mm F2.8
2・3枚目 E-620 + ZD ED 50-200mm F2.8-3.5
4枚目 E-3 + ZD ED 50-200mm F2.8-3.5
5枚目 E-1 + ZD 14-54 F2.8-3.5

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック