アクセラ・レポート(3)半年乗ってみて ○と×

しばらく更新が途絶えていました。

仕事で毎日遅い日が続いているので、お休みは睡眠・・・というのが
ずっと続いていまして。

やっとGWですが、お休み2日間。久しぶりにブログ書いてみたくなりました。

マツダ・アクセラを購入してほぼ半年、11,000kmほど乗りました。
そういえば先週、クルマ屋さんにせかされて半年点検をうけてきました。

そんなこんなで自分が感じた○と×をまとめです。

【○】
①デザイン・・・好みは分かれそうだが個人的には満足。
         大衆車にしては珍しいグリルレスの顔つきがいい。
         マイナー後よりもエッジが効いてて個人的に好き。

②人気が無い・・・通勤でもあまり同じクルマと出会うことが少ない。
         特に私の水色の車体色のものは。人と同じじゃ嫌なので。

③足回り・・・・国産車の大衆車にしては足回りがしっかりしている。
         ハンドルを切ると瞬時に思ったとおりに反応し、
         とても気持ちいい。昔乗っていた、ユーノス・ロードスター
         のように体ごとコーナー内側に吸い寄せられる感覚がある。
         リアタイヤも簡単に流れたりせず、安心して運転できる。
         また良く曲がるわりに、高速道路での直進性も抜群に良い。

④夜間の照明・・・青と赤が嫌味なく使われていて個人的に○。

⑤ヘッドライト・・・とても明るく運転しやすい。

⑥ハンドルの変速スイッチ・・・エンブレ使うのにとても便利。

【×】
①乗り心地・・・これはマツダ車伝統ですね。低速域でのショックがやや
         大きい。もう少ししなやかなら良いのに。
         反面、スピードが上がるほどに快適。
         ロードノイズは大きめ。タイヤで変わるかも。

②ダッシュボード周りのビビリ・・・これもマツダ車伝統ですね。
         まぁ、高級車でないのでしょうがないと割り切っている。
         前に乗っていたレガシィはその辺うまく作ってあったと思う。

③リアシート・・・ドアの幅と足元の空間が車体の割りに少ないように思う。

④エンジン・・・×じゃないけど、特にこれといって特徴を感じない。
         燃費も驚くほど良くないし。回しても気持ち良くないし。
         極低速域でのトルク感が不足気味だし。
         ただし、静かだし、2000~3000回転あたりは使いやすい
         といったいい面もある。

良い・悪い印象に残ったことを書いてみました。
しばらく、外車に乗ってきて最近国産車に戻りましたが、国産車の
品質はとても素晴しいとは思います。

が、外車の車体やメカの剛性感は独特なものがあると今でも
思っています。

ドイツ車・イタリア車・フランス車にしても、まず、ドアのガッチリ感
が国産と全然違いますし、車体がショックを受けたときの感触が
断然ガッチリしているように感じます。

出張で会社の仲間を自分のフォード・フォーカスで連れて行ったところ
「このクルマ普通のクルマと動きが何か違うね」
といわれたことがあります。おそらく車体の堅さを感じたんではないか
と思います。

アクセラは国産車の中でもより外車に近い感触を持った車ではないか
と思います。
アクセラは海外ではセールスが好調のようで、他社の製品と
比較され選ばれているということはなんだかうれしいと思います。

以上○と×。

桜の季節に撮った写真がありました。
画像


画像


i-stopは30時間を超えました。
画像


OLYMPUS PEN E-PL1 + ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4-5.6
iPhone 4




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック