ポーランドの世界遺産(4)クラクフ歴史地区 つづき

クラクフ歴史地区の写真の続きです。

ヴァヴェル城から中央広場まで15分ぐらい歩きました。
この間いろいろなお店がありました。でも中央広場の織物会館に
お土産屋さんがたくさんありましたので、とりあえずスルーということで。

中央広場には大きな織物会館があり、この中にたくさんのお土産屋さん
があります。有名な陶器や琥珀や切子ガラスのお店があります。
私もここで友人にカップ&ソーサーを購入しました。

1時間ほど自由時間がありましたので、メインストリートから外れて
わき道に入ってみました。黄色く染まった紅葉がいい雰囲気でした。

あと、やっぱり聖マリア教会の美しい内装を見てみたくて2回も訪れました。
1回目はミサをやっていて中に入れませんでしたが、2回目は運よく
観光客が入れる時間に来れたので入ることが出来ました。
入館料6ズウォティ、写真撮影には+5ズウォティでした。

クラクフは日本で言えば古都京都のような存在なんでしょうね。
紅葉に彩られた素敵な町並みが見れてとてもよかったと思いました。

陶器も有名ですね。青い模様が特徴的でかわいいですね。
私も思わず購入してしまいました。
画像


中央広場織物会館内の土産やさん。切子グラスがきれいで1枚。
画像


聖マリア教会。広場にはいっぱい露店がありました。
画像


花を売るお店。色がきれいです。
画像


ハトもお水飲みながら一休み。のどかです。
画像


露店にあったひまわり。こんな時期に見れるなんて思いませんでした。
画像


服屋さんのショーウィンドー。素朴な衣装にクールな表情がちょっと
おかしくて1枚。
画像


中央広場の織物会館と旧市庁舎跡。中世から残る広場としては
ヨーロッパでは最大級だとか。
画像


織物会館の横は馬車の発着場。お馬さんお水飲んで一休み。
画像


旧市庁舎跡。
画像


その横にデーンと置いてある「エロス像」。無邪気に戯れる子供が
可愛らしいです。
画像


念願の聖マリア教会の中。荘厳でした。
画像


見事なステンドグラス。美しさにちょっとドキドキ。(手振れしてる)
画像


天井も色使いがきれい。満天の星空を見ているようです。
画像


1人でわき道に寄り道。紅葉が進んだ公園がありました。
画像


落ち葉もなんか絵になるなぁ。
画像


落ち葉の絨毯の上を駆ける子供が微笑ましくて1枚。
画像


黄色と青のコントラストが目に心地いい。
画像


仕事とはいえ、こうやって素敵な場所にこられたことに感謝です。

OLYMPUS E-PL1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
OLYMPUS E-PL1 + ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4-5.6

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック