アメリカ出張は散々でした。

先週末から木曜日までアメリカに出張に行ってきました。

2日間の滞在と3日間の移動でしたが、交通の関係で
散々でした。

以下顛末。

今日もそうですが、20数年ぶりの大雪とのことで、
交通が麻痺していてとても苦労しました。
新幹線で東京まで行ったのはいいですが、成田までの交通手段
が全くなく、参りました。

車、バス、電車全部だめで、あきらめかけていましたが、
15時ごろから成田空港までの直通列車が動き出し、間一髪
飛行機に乗り遅れずに済みました。

家を出てから8時間やっと一息つけました。

そこからシカゴ・オヘア空港まで11時間程度飛び、厳重な入国審査を
経て、国内線で2時間程度。その国内線も1時間ほど飛ばず。

結局ホテルに到着したのは現地時刻午後11時50分疲れた・・・。

滞在した地域はそんなに寒くなかったので良かったです。
私が帰国した後大雪になったそうですが・・・。

初めてアメリカに行ったんですが、食べ物の量が多いですね。
大きい人が多いのも頷けます。

帰りは、のっけから英語のアナウンスを聞かなくてはいけないので
さらに心配でした。

予感は的中。また国内線が2時間ほど飛ばず。一度は搭乗したものの、
皆急に降り始め、押し出されるように搭乗ゲートに逆戻り。
なんで飛ばないのか英語が聞き取れずイライライライラ。
乗り換えのための時間も2時間でしたので、焦りました。

ダラス・フォートワース空港では、すでに飛行機が飛んでいる時間でしたが、
待っていてくれたので、国内線から飛び乗ってこれまたギリギリセーフでした。

ダラスでは、時間があれば「お土産でも・・・。」と思っていましたが、
滞在時間約10分。

13時間のフライトの後、やっぱりとは思っていましたが、預けた荷物が
間に合わず、後日の到着となりました。

昨年から何か祟られているようでしょうがない。
厄払いでもしてもらおうかな。

あと、海外では英語は話せなくても、聞き取りぐらいはできないと、
お仕事に限らず、日常生活でも支障をきたすと痛感しました。

とにかく、とっても疲れた1週間でした。写真もちょっとだけ撮ってきました。

富士山。
画像


富士山。
画像


綺麗だ。って呑気に思っていました。
画像


朝家を出たのに成田には17時過ぎ着。クタクタで搭乗ゲートへ急ぐ図。
画像


シカゴ・オヘア空港内。この後散策しようと思いましたが、疲れてて
いつの間にか眠ってしまいました。
画像


滞在先にて、大きな豚の骨付き肉。半部残しちゃった。
画像


とにかく、1個1個大きくてパンチがあります。
画像


ダラス・フォートワース空港にて。ターミナルをつなぐスカイリンクへ急げ!
画像


スカイリンクが来るまでちょっとだけ撮影してみた。大きい。
画像


帰りの機内から。光の輪の中で雲に映る機体。
画像


カメラ:CASIO HIGH-SPEED EXILIM EX-ZR100

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • たけむら@浜松

    minority007さん、こんにちは。
    出張、おつかれさまでした。アメリカ2泊5日はきつそうですね…アメリカを楽しむ時間もあまり無かったようですが、こんなときは無事に帰国できたことが一番ではないでしょうか。
    英語、身につけたいですよね。私は最近、通勤時にiPodに入れたNHKworldを聞いているのですが、だいぶ思い出してきました。minority007さんも、もともと英語がお得意ですし、長距離通勤ですし、いかがですか?
    2014年02月16日 17:07
  • minoroty007

    たけむら@浜松さま

    コメントありがとうございます。
    私はあまり海外に行かないので、今回は散々だったなぁと思っていましたが、今日会社で同僚にこれまでのトラブルを聞いたらもっと大変な目にあっている人もいてびっくりしました。
    あちらの冬はこういう事が日常茶飯事で起きているんでしょうね。
    ところで、英語は苦手ですよ。やはり、身に着けるには現地で生活するのが一番早いと感じています。でも、それ以外の方法ということでは通勤時間帯にCDを聞くのもいいかもしれませんね。
    参考にさせていただきます。
    2014年02月16日 19:32

この記事へのトラックバック