アクセラレポート(12)4年間乗りました。

アクセラハイブリッドに乗って4年が経ちました。 走行距離はもうすぐ10万キロに達するところです。 これまで10万キロ近く乗った車はなく、一番長く乗った車となりました。 皆さんからすると、えっ、たった4年?と思われるでしょうが(笑)。 しかし、もう手元にはありません。そうなんです、車を更新してしまいました。 新しい車については、また今度にしますが、アクセラについて最後のインプレッションになります。 アクセラハイブリッドは、トヨタの先代プリウスのハイブリッドシステムTHS-Ⅱを搭載した、マツダ初のストロングハイブリッド車です。 当時は、車といえばハイブリッドという情勢で、各メーカーこぞっていろんなタイプのハイブリッド車を開発していました。ハイブリッドがないメーカーではまずいということで、開発されたと思われますが、やはり車好き、走り好きのマツダファンにはあまり好まれなかったようですね。そこそこ売れたのは登場した当初だけだったようです。 そういう意味では、新規開発しないでトヨタからシステムを購入して素早く製品にしたのは大正解だったと思います。今はマツダといえばディーゼル、内燃機関というイメージで電動化に最も遠い量産メーカーなのかもしれませんね。 クルマとしては、75%プリウスっぽいキャラですが、あとの25%はマツダらしさがあったと思います。 それは、 ①コーナーの身のこなしが軽い ②エンジンの音がはっきりと聞こえ、排気音も聞かせる音になっている。 ③乗…

続きを読む