オリンパスM-1戻ってきました。

1月に修理に出していたオリンパスM-1が戻ってきました。

主な修理内容は下記です。

・高速シャッター露光ムラ修理
・巻き上げレバー交換
・露出計調整
・モルト張替え
・各部調整注油
・レンズ分解清掃

金額は書けないですけど、個人で営業されている方と考えれば、納得できる価格でした。

修理屋さん曰く、
外装もきれいで内部も非常に良い個体であるとのことで、なんだか嬉しかったです。

これまで分解された形跡がなく、今回初めてカバーを開いた個体とのことでした。
よくあるプリズムの腐食もオリジナルのままで起こっていないのは珍しいとのことでした。保管状態が良かったのでしょうか。

内部もオリジナルの油が乾ききっていたようで、注油していただきました。

シャッターについては上下のひもでシャッターを横に動かしているのですが、テンションが若干ばらついていたとのことで高速シャッタが開いていなかったようです。これも調整した頂き、ぴったりになったとのことでした。

プラスチックが無くなっていた巻き上げレバーは同じオリンパスM-1の中古品を付けていただけました。M-1の巻き上げレバーは軸の角穴を作るために部品が分かれています。OM-1になると、プレスの一体品になっているので贅沢な作りです。

なんとなくですが、動作が軽やかになって、ファインダーも明るくなったような気がします(笑)。
OM-1と比べると、柔らかな動作音なのがいいです。

これかも長く使えるといいなと思います。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック