オリンパス E-1 を購入しました。使用感など。

2016年に手放したオリンパスE-1を再度購入しました。

先月、E-420購入したばっかりなのに。

いま、フォーサーズ一眼レフカメラがマイブームです。

E-1は一度所有していて友人に譲ったのですが、あの造りの良さにもう一度触れてみたくなりました。
このE-1というカメラ、造りでいうと、オリンパスデジタル一眼の中で一番の造り込みだと思います。

E-M1Xという最新のミラーレスプロ機も最近触ってきたのですが、やはり、造りはE-1を超えていなかったです。(←完全主観ですが)

触ったり眺めたりしているだけで満足です。
2003年当時のオリンパスの本気を感じることができます。
今となっては性能は知れたものかもしれませんが。

フォーサーズ機の残念なところはやっぱりファインダー視野の小ささですかね。
最初にこれを開発した方は、ホントにこれでいいと思ったのか疑問ですね。
フルサイズ機の1/4ほどの面積しかないため、ファインダー視野も小さくMFでのピント合わせは難しいと思います。
OM-1では50㎜でファインダーを覗くと目で見たのと同じ大きさに見えます。なので50㎜が標準レンズというのも納得がいきます。

フォーサーズ機では45㎜ぐらいで目で見たのと同じ大きさになります。25㎜(換算50㎜)を付けて覗いてもフルサイズ機と同じようなイメージには思えないです。(広角のようにに思える)

一眼レフの命はファインダーだと思います。ここに大きなハンディキャップを負ったフォーサーズ機はここからすでに失敗だったのでは?と思います。

でも、そういった困難なことに負けまいと挑んで、超本気で作られたE-1を見ると、モノづくりの難しさと開発の方の情熱が伝わてきます。(私も設計者の端くれとして感じることができます)そんな人間臭いE-1がとても大好きだと今更気が付いてしまったんですね。

先月購入した、E-420はフォーサーズの利点を追求した製品で、E-1はフォーサーズ初号機のプライドを感じる製品ということで魅了されてしまいました。

オリンパスE-1の主なスペックは画素数510万画素、連写3コマ/秒、ISOは800まで、重さは660g。ほぼフルサイズ機のEOS6Dと同じぐらいです。悲しいぐらいのスペックですが、握った感じはとても気持ち良い。シャッター音も緻密かつ静粛でテンション上がります。当時のカメラ雑誌で、「とっつきにくいけど、触れると皆が好きになるカメラ」と紹介されていたのを思い出しました。その通りと思います。

画像はISO100では問題ないですが、200以上では一般的にはノイズが多いといえると思います。
でもなんか、フィルムカメラで撮影した画像のようであまり気にならない(ならなくなった?)です。

おっと、主観入りまくりのインプレになってしまいましたのでこの辺で。

外観。比較的綺麗でした。パンケーキレンズと。個性的。
画像


ファームウェアアップデートはされていない。ということはデビューイヤーモデル(2003)かも。
画像


シャッターは1900以下。ファームウェアアップデートされていないのでこれが総数と思われます。
画像


フルAUTOモードとかシーンモードが無いのもスパルタンでいいですね。

古すぎて、現在のPC環境ではアップデートができません。
折を見て、メーカーに問い合わせしてみようと思います。

また、ポートレート撮影でも使用してみたいと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック