古いカメラと標準レンズ

またまた古いカメラを購入してしまいました。 OLYMPUS OM-2です。 ちょっと前にもEOS630というフィルムカメラを購入していて、フィルムカメラが6台になってしまいました。数千円で購入できてしまうので、ついつい・・・。 OM-2はNではないので、40年以上前のものとなります。それにしてもかっこいいなぁ。 OM-1や2に標準レンズ(50mm)を付けてファインダーを覗くと目で見た大きさと全く同じ大きさで被写体がスクリーンに映し出されます。このファインダーは50mmレンズを付けたときに目で見た時と同じ大きさに映るように設計されているんだなと意図を感じます。これって、覗いていてすごく気持ちが良いです。標準レンズという意味が何かわかった気がしました。 現代のカメラでは画角が47度程度のものが標準レンズと呼ばれていて売り文句が「目で見たのと同じ感覚云々・・」というものが多いですが、ファインダーを覗いた時にはどうもそう感じません。フルサイズのEOS6Dや最近のミラーレスだと85mm程度が目で見た大きさと同じになります。画角が同じなら同じレンズのように扱える感覚の持ち主なら問題ないのですが、私は見たまんまの感覚に引きずられてしまうので、例えばフォーサーズの25㎜が標準レンズといわれてもピンと来ません。より広角のレンズのような感覚を持ってしまいます。 古いカメラを購入してみて、その設計の真面目さにちょっと感動してしまいました。

続きを読む

軽やかにフルサイズ。

表題は、EOS6Dのキャッチフレーズです。 2年ほど前に中古を購入してから、ポートレート撮影以外には殆ど使用していませんでした。普段の持ち歩きにはより小さなm4/3カメラを使っていましたが、たまに何となく本機を持ち歩きしてみたいと思っていました。 小さな標準ズームレンズがあればいいなと思いますが、現行品ですとEF24-105STMとなってしまい、結構な価格&大きさです。そこで目を付けたのがフィルム時代のEOSのズームレンズです。 その中でもコンパクトで広角側の画角もある、EF24-85mmF3.5-4.5をオークションで落札しました。およそ20年ほど前のレンズで、約6000円あまり使わないと思いますので、安いので良かったです。 それで少し前にお散歩してみました。 なんというか、ちょっとクラシカルな写りですね。空の色がとても印象深くて驚きました。 レンズ付きで1kg以下となります。十分軽くてコンパクト。またたまにはお散歩に連れていきたい。 カメラ:EOS6Dレンズ:EF24-85mm F3.5-4.5

続きを読む