マイクロフォーサーズ機の整理

先日、デジカメの整理を行いました。

オリンパスのマイクロフォーサーズ機の整理を行いまいた。

それまで使っていたオリンパスOM-D E-M1とPEN E-P5の出番が少なくなってきましたので、OM-D E-M1MarkⅡに変更しました。
また、今回レンズ関係もマイクロフォーサーズ用に集約してフォーサーズ資産を整理しました。

どちらかというと、フォーサーズ用のZUIKO DIGITAL ED 50-200㎜を使用したいがためE-M1を残しておりました。OM-D E-M1MarkⅡではフォーサーズ用のレンズを使用しますと連写速度が大きく落ちるということですので、今回、40-150㎜F2.8PROレンズを導入しました。
OM-D E-M1ではZD50-200㎜において秒間9コマ出るのですが、MarkⅡでは秒間5コマ程度に落ちてしまうということです。MarkⅢではどうなっているかわかりませんが、ZD50-200㎜を購入してからもう15年近くたっておりますので、更新してみました。

E-M1はフォーサーズとマイクロフォーサーズの橋渡しをするために生まれた側面もあるため、フォーサーズ用レンズが快適に使用できるようにチューニングされていたのでしょう。

それにしても、E-M1がおよそ6年半、ZD50-200は14年間全くノートラブルで雨にぬらしたこともありましたが非常にタフな製品で、とてもいい製品だったと思います。

E-P5は格好が良かったのですが、最近購入したOM-D E-M5MarkⅡが思っていたよりいいカメラで、こればかり使うようになってしまい、出番がなくなってしまいました。

OM-D E-M1MarkⅡはすでに型落ちになっておりますが、MarkⅢに比べてカメラとして極端に劣ると感じませんでしたので、必要十分と判断して中古の程度の良いものを購入しました。同様に40-150㎜PROも中古です。今の世の中、それほど使われなかった程度の良い中古が結構流通しておりますので、リスクはありますが私にはこれで十分かと思っております。以前は新品を出るたびに購入していたのですが、デジカメは10年もすると完全に時代から取り残されてしまいますので、新品で購入するのがちょっともったいないかなと思うようになりました。

古いフィルムカメラを中古で結構たくさん購入していることもあり、中古品にそんなに抵抗がなくなったのも大きいと思います。

デジカメとしては比較的よく使った方だど思います。一度も故障せず頑張ってくれました。塗装の剥がれもいい感じです。
IMG_5248A.jpg
これが発売されたときは、予約して待ち焦がれたものです(笑)。今見てもスマートでかっこいいです。
IMG_5249A.jpg
シャッターは4万5千ショット弱。まだまだ使えますよね。
IMG_5250A.jpg
こちらが新しく購入したMarkⅡ。ちょっとだけ重くなったけどグリップも大きくなったので、持ちやすい。
IMG_5273A.jpg
シャッターは2万回以下。まだまだこれからというところです。連写が気持ちいいのでどうしても増えると思います。
IMG_5272A.jpg
高性能な望遠レンズの40-150mmPRO。大きく見えますが、思ったより小さく軽いです。
IMG_5287A.jpg
はぁ、ブルーインパルス撮りに行きたい(笑)。
IMG_5288A.jpg
テレコンバーターMC-14も付いていました。とにかく小さい。
IMG_5291A.jpg
カメラ屋さんの勧めで購入したSDカード。とにかく丈夫なんだと。確かに変形しにくいです。UHS-Ⅱ規格の高速タイプ。
IMG_5290A.jpg

自粛と天候不順でまだこれらの機材でほとんど写真を撮っていないです(泣)。

"マイクロフォーサーズ機の整理" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。