ポーランドの世界遺産(3)クラクフ歴史地区

もうひとつの世界遺産クラクフの歴史地区にも行ってきました。

クラクフは昔の首都だったところで、第2次世界大戦の戦禍から
のがれ、昔の町並みが多く残っていることから世界遺産になって
います。

滞在先にもこのクラクフにある空港からポーランドに入りました。

2ヶ月の間に2回行きました。最後に行ったときはとても天気がよく
突き抜けるような青空でとてもきれいでした。

ここにはヴァヴェル城・中央広場・聖マリア教会など見所が
たくさんあり、町全体も観光地になっています。

とりあえずタクシーでヴァヴェル城に行き中央広場まで歩いて
観光しました。2回に分けてアップします。

霧に包まれたヴァヴェル城。ポーランドの秋は霧が出やすいそう。
画像


ちょっと幻想的でした。
画像


休日を思い思いに過ごす人が素敵で1枚。
画像


素敵な光線。
画像


紅葉がきれいでした。日本の紅葉とは一味違います。
画像


寒いのかな?ハトが日向ぼっこ。影を避けているのが賢いね。
画像


ツタって赤くなるんですね。
画像


さらに真っ赤なものもありました。
画像


ヴァヴェル大聖堂
画像


青空とのコントラストが印象的でした。
画像


建物のアーチ越しに。
画像


大きな中庭
画像


いろいろな銅像があります。
画像


朝露が垂れ下がって風景が写りこんでいました。
画像


ヴァヴェル城を離れ、中央広場までの道中、面白い彫刻がありました。
画像


切子グラスが有名なんですね。お店がありました。
画像


馬車優先です。車もいったん停止。
画像


次は道中から中央広場まで写真をアップします。

OLYMPUS E-PL1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6L

"ポーランドの世界遺産(3)クラクフ歴史地区" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント