OM-D E-M1を購入しました。使用感など。

先週末、新しいカメラを購入しました。

オリンパスOM-D E-M1です。

このカメラの発売を機にオリンパスは一眼レフ(フォーサーズ)から
事実上撤退とのことで、ユーザーとしては非常に残念です。
これからはミラーレス(マイクロ フォーサーズ)カメラのみの開発を
行うそうで・・・。

E-5の後継機を兼ねてオリンパスの最上級機として発売とのことですが、
こっそりE-7も開発していてお蔵入りになったことが発表されていて、
後継機というのはなんとなく「こじつけ」のように思えました。

これまでマイクロ4/3はPEN E-PL1をコンデジ代わりに中古で1台購入
したのみでした。防塵防滴で1/8000秒シャッターの搭載、4/3用レンズが
ストレスなく使用できるAFが搭載されるまでは新機種を購入しないと
決めていました。

今回は上記の条件を満たしたと認識しまして購入に踏み切りました。

ミラーレス機は総じてバッテリーが持たないという先入観があり
予備バッテリー1個とパワーバッテリーホルダーも一緒に購入。

銀塩時代のOMシステムのカメラを思わせるデザイン。大きさもちょうどいい。
画像


後ろ姿。ボタン類は大きく押しやすいです。液晶が2軸可動でないのが残念。
画像


で先日のポートレート撮影会の時、ろくに操作の予習もせずに
使ってみました。その使用感です。○×で採点。

◎デザイン・大きさ・重量
昔のフィルムカメラのような大きさ。グリップはしっかりしたものが
付いていて、望遠レンズでもしっかり構えられる。
重さもバッテリー込みで500g以下なので運搬がとても楽。

○質感
ボディーはマグネシウム合金外装で塗装の品質もいい感じで剛性感、、
質感はとてもいいです。ただ、各部の造りに関しては未だE-1が最高と
思っています。
接眼部や縦位置グリップの取り付け部にある、はめ込みの小さな
樹脂部品は無くしそうで嫌です。コストダウンのせいでしょうか?
そこらへんも細やかに造り込んであれば最高でした。

◎画質
E-5で満足していたので、文句はありません。画素数も16メガは丁度
いいと思います。
高感度の画質も飛躍的にアップしているように感じます。ISO1600
位までは普通に使えそうです。
色に関しては出荷時の設定ではE-5のほうが淡く繊細な感じがします。
E-M1はちょっと濃い目でE-PL1に近い感じの色だと思いました。

◎シャッター・レスポンス
ミラーレスですが小気味良く「カシャッ」という音がします。一方ショックは
レフ機に比べずっと小さいです。連写L(低速)でも6.5コマ/秒出ますので
十分だと思います。レスポンスも良く好印象。
RAWでも40枚以上連写出来るようですが、その後の書き込み時は
再生・画像確認が出来ないので気をつけなければいけません。

○AE・AF・AWB
AE・AWBは正確だと思います。思い通りに決められる感じです。
ただ、ファインダーのバックライトの自動照度の制御に惑わされ
そうになるときがあり、慣れが必要だと感じました。

AFはフォーサーズレンズ使用時は△に近い○でしょうか。
時々迷うときがあり、暗くなると合焦しないことがあります。
新像面位相差AFに期待していたのですが、すべての面でE-5を
追い越したかといえば、NO!と言いたいです。
ただ、顔&瞳認識AFがフォーサーズレンズで利用できるのは
非常にいいと感じました。
マイクロフォーサーズ用のレンズでのAFは持っていないので未評価。
C-AFについても未評価。

○ファインダー
不安だったのですが、非常に高精細で大きな電子ファインダー。
顔&瞳認識をした後MFでピント追い込むときも自動的に認識部を
拡大してくれます。この便利さに慣れると、レフ機に戻れなくなるかも。
写真を撮る上で全く十分な品質で、バックライトの照度も自動で調整して
くれますが、光学ファインダーの自然さにはまだ敵わないと思います。
電源を入れないと覗いても何も見えないのも少し不便です。
フォーサーズはファインダーの関係が不利でしたから、オリンパスの
これからのカメラはこの方向で進化していくのでしょうね。

○液晶モニター
最新モデルだけあって見やすいです。でもチルトしか出来ないのは
E-5から退化しています。後継機として納得できない部分です。
個人的に2軸可動モニターは良く使用するので残念。

◎インターフェース
不足はありません。シンクロターミナルがあるのも高級機って感じが
します。シャッターボタンの配置・感触も良いです。
軍艦部に液晶パネルがなくなりましたが、背面液晶で確認派なので
不便には感じません。電源レバー位置が不評のようですが、私は
特に気になりませんでした。
ボタンのカスタマイズ性は自由度があり、いいと思います。
ボタンの押し具合も丁度良く好印象。

△フラッシュ関係
本体に内蔵のフラッシュはなく、前述のとおり、フラッシュを取り付ける
ときに接眼部周りの樹脂部品を2点外す必要がありとても煩雑。
このカメラの一番嫌なところ。フラッシュの機能は特に問題なし。

○バッテリー
これも心配でしたが、思ったほど悪くはなかったです。
公称350枚ですが、実際1日800枚以上RAW+JPG(LSF)で
撮影できました。マメに電源は切りましたが。
予備が1本あれば安心です。
でも、E-5は1本で1500枚ほど撮れたときもありますから、少し不満
でもあります。

◎その他機能
ごみ取り、手振れ補正は相変わらず優秀ですね。
アートフィルターも種類が増えていて、使うのが楽しみです。
その他、目が眩むほど機能があるのですがまだ使えていません。
使いこなせたらいろんな写真が撮れそうです。

◎付属品
付属のストラップが機種名が刺繍された豪華なものでした。
機種名が入っているのはいかがなものかと思いましたが、意外に
カッコよく思えそのまま使っています。
ボディーキャップが簡易的なレンズになっているのも遊びごころが
あって気に入っています。(写真上はボディーキャップレンズを装着)


1回しか使っていないですがこんなことを感じました。○×と言いながら
×がない。(笑)

先日の撮影会にはE-M1とE-5を持っていきましたが、バッテリーが
思いのほか持ったのでほぼE-5の出番はありませんでした。

買ってみてどうだったかって?使い始めはネガティブな面が気になった
ことは確かですが、撮影していると非常に気持ち良いカメラだと
感じて最終的には大満足でした。

カメラ:CASIO EX-ZR100

"OM-D E-M1を購入しました。使用感など。" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: