クルマを更新しました。

前回に続いて車ネタです。 前回の記事のとおり、車を入れ替えました。 これで18台目のクルマとなります。(はぁ、なにやってんだか・・・) 車種はマツダのアテンザセダンです。現行型はすでにビッグマイナーチェンジをしていますので、中期モデルの最後期のモデルとなります。(最近のマツダ車は年1ぐらいで商品改良をしているので、同じ形をしていても装備などが微妙に異なることがある) 長年お付き合いしているディーラーさんがマツダさんなので、自然とマツダ車になります。 今回は、電動車(ハイブリッドとか)でなく、普通のガソリン車にしました。 アクセラハイブリッドはとりあえず10万キロ近く乗りましたが、燃費が良いのはすごいけど、やはり運転感覚が??なところがありました。移動の手段としては最高に良い車だったと思います。 アクセラハイブリッドの前のアクセラは普通のガソリン車でまた今回普通のガソリン車ということで、何か行ったり来たりを繰り返していますね。理想の車探しの旅は永遠に続きそうです(笑)。 で、新しい車はいつもの如く試乗車を買いました。一応新車保証がついている中古車になるのですが、限りなく新車に近い中古車ということになります。走行距離は600㎞程度。私の1週間分ぐらいの距離しか走っていませんでした。試乗車とはいえ今年の2月に生産された車ですので、試乗車として稼働していた期間も知れたものです。 グレードは20Sプロアクティブというグレードで、ナビのSDカードや19インチの…

続きを読む

スーパー耐久・鈴鹿500km(2)

耐久レースの写真です。 今回は2200枚あまり撮影しましたが、何とか見られるのは 20から30枚でした。ということは歩留まり1%。トホホです。 ちょっとシャッター速度を落としすぎたかもしれませんが、 これぐらいをバシッと流し撮れるようになりたいものです。 今回新たな発見。 流し撮りしても車体の一部だけ動きが止まっている写真が 多いです。これってクルマの動きとカメラの動きが微妙に違う ということなんでしょうか? いつも一脚を使っているのですが、流す軌跡の自由度がないので こうなったのかなと想像してます。 完全手持ちのほうがいい結果が得られるかも? 逆バンク出口。 F16 1/80 追いかけっこ。 F8 1/320 リヤバンパーは何処へ?  F16 1/80 レース中断。 F5.6 1/640 ポルシェカッコいい。 F20 1/60 面白いブレ方になった。 F20 1/50  ちっちゃいヴィッツ。がんばれ! F20 1/60 ドライバーを撮ってみた。 F22 1/60 わざとらしく傾けてみた。 F18 1/50  スピード感を出したかった。 F16 1/30  最遅シャッター速度に挑戦。 F22 1/20  すべてノートリミングです。 OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5

続きを読む

スーパー耐久・鈴鹿500㎞

5月30日に鈴鹿サーキットにスーパー耐久500㎞レースを 見に行きました。市販車の格好をしたクルマのレースです。 クルマのレースを撮るのは1年ぶりぐらいでした。 今回はなるべく遅いシャッターで流し撮りに挑戦しました。 といっても晴れた昼間ではレンズの絞りを最大にしてもかなり早い シャッターになってしまい、減光用フィルターの必要性を感じます。 これと次のカットは高速シャッターで動きを止めてます。 動いている感じが出ない代わりにとても鮮明に写ります。 チャレンジ開始! この日一番のお気に入りの写真。 全面鏡貼りのクルマ。目を引きます。 逆バンク出口より。 光の反射を入れたくて何度もトライ。でも構図がNG。 アップにしすぎて画面からはみ出した。 撮る場所が限られて、いつも同じような写真ばかり。 何回かに分けてアップします。 OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5

続きを読む

デジタル一眼レフに辿りつくまで その3

高校時代は写真部に所属していて写真とのかかわりが深かったの ですが、卒業後は興味が薄くなり疎遠になっていました。 2005年に職場でデジタルの一眼レフがあるのを初めて聞き 一気に虜になったわけです。初めて買ったのは下の写真で 使用したオリンパスのE-300を購入しました。 2005年東京モータショーの写真これでおしまい。 E-300 + ZD 14-45mm F3.5-5.6

続きを読む

デジタル一眼レフに辿りつくまで その2

APSフィルムが登場してから、ミノルタベクティスS-1(+標準ズーム) を購入しました。なんとなく新しい可能性を感じたのとAFを使用して みたかったのが購入のきっかけです。 これも下取りに出してしまったのですが、今考えると、とっても小さくて、 使いやすくて、防滴仕様で、とよく考えられていたと思います。 写りもよかったと思います。でも如何せんAPSフィルムが浸透すること がなく残念な結果になってしまいました。APSは今デジカメのセンサー サイズの呼び名で残っていますね。 >>つづく 2005年モーターショーのつづきを。 こうして過去の写真を振り返ってみるのもよいですね。あのコンセプト カーが実はあのクルマになったんだって感慨深く思い出します。 E-300+ ZD 14-45㎜ F3.5-5.6

続きを読む

デジタル一眼レフに辿りつくまで

デジイチは2005年の終わりごろから使い始めましたが、 それまではフィルム一眼レフを使用していました。 初めて手にしたのは小学生の時。お小遣いをためて 不足分を親に援助してもらった記憶があります。 星空を撮影したくて購入。機種はニコンFE(+50㎜F1.8)。 電池がなくてもバルブ撮影ができました。 20年以上所有していましたが故障知らずでした。 デジカメを購入する時に下取りに出してしまったのが悔やまれます。 >>つづく 下の写真は初めて手にしたデジタル一眼レフ、オリンパスE-300で 撮影したもの。購入したばかりで操作が分からず、フルオートで撮影 していた模様。2005年東京モーターショーより。 たくさん撮ったはずなのに写真があまり残っていない=手ぶれ量産 だったのかも知れません。 E-300+ZD 14-45㎜F3.5-5.6

続きを読む